ノーベル賞学者を支えた「浜ホト」の技術力

2日連続で日本中を沸かせたノーベル賞の日本人受賞。物理学賞に輝いた梶田隆章・東大宇宙線研究所長の観測を支えたのは、浜松市の地場企業「浜松ホトニクス」。その技術力と「未知未踏」に挑む社風を急きょ取材してきました。写真はスーパーカミオカンデの内部(同社提供)»ノーベル賞学者を支えた「浜ホト」の技術力ー超微弱な光を検出する光電子増倍管とは?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *