河合塾「雇い止め」問題で労働委員会が講師の復職など命じる決定

2年ほど前から取材してきた河合塾の「雇い止め」問題で、愛知県労働委員会が講師の復職などを命じる決定を下しました。塾側が否定してきた委託契約講師の「労働者性」も認められるなど、なかなか画期的な判断です。これまでこのテーマはBusiness Journalに書いてきましたが、今回は弁護士ドットコムに寄稿しました。»河合塾講師「雇い止め」、労働委員会が復職認める…委託契約講師の「労働者性」も認定

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *