美濃加茂市長、逆転有罪判決の衝撃

受託収賄罪などに問われた岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長に対する控訴審で、名古屋高裁は一審の無罪判決を取り消し、逆転有罪を言い渡しました。正直、一審ではこのぐらいの判決になるかも、とまさに思っていた量刑。つまり、起訴された事件で有罪率99%とも言われる日本の司法なら十分あり得た判決です。逆に言うと一審無罪はかなりインパクトが大きかった。しかし、これがほとんど新証拠も出ていない控訴審でひっくり返るのは、非常に違和感があります。今回は傍聴希望者が余りにも多くて抽選に外れ、公判後の記者会見のみ出て書きました。また判決文を精査してじっくり書きたいと思っています。»逆転有罪の美濃加茂市長「高裁の判断と闘う」「政治家は誰にも会えなくなる」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *