Business Journal

ツタヤ図書館の二の舞いか…愛知県西尾市のPFIプロジェクトが波紋

「西尾の抹茶」で知るぞ人ぞ知る愛知県西尾市で、PFIのまちづくりが大揺れに揺れています。いろいろ縁あって、かなり入り込んで取材することができました。単純な行政たたきに終わりたくはないと思いながら、賛否それぞれの意見に耳を傾けた上で、やはり首をひねることの多い計画です。»ツタヤ図書館の二の舞いか…愛知県西尾市で市民&市職員が異例の反対運動!豪華スポーツ施設に

Business Journal

代ゼミだけでない? 予備校業界の断末魔

わけあって今年の初めごろから注目していた予備校業界ですが、代ゼミの大量閉鎖問題で先に“弾けて”しまった感があります。遅ればせながら追いつくつもりでBusiness Journalに寄稿しました。これから何とかツテをたどってシリーズ的に書ければと思っています。 »代ゼミだけじゃない?予備校業界、不況深刻化と劣悪な労働環境に講師たちから悲痛の叫び

Business Journal

最年少市長のハマった危うい水ビジネス

6月の「市長逮捕」の一報以来、僕の知り合いに支持者が多かったこと、非常時の浄水設備というある種の「環境」「防災」絡みであったことなどから、個人的に関心を持ってきました。 久々に裁判所に公判を傍聴しに行ったり、ツテをたどりながらコツコツと取材を続けていて遅くはなりましたが、以下のような記事をBusiness Journalで公開しました。 賄賂があったか、なかったか、市長が受け取ったか、受け取ってないかは裁判を通じてはっきりするでしょうが、それ以前の事件の「輪郭」が、これでようやく見えてこないでしょうか。「福島」まで絡んでいたりと、何とも奇妙な事件です。引き続き追っていきます。 »最年少市長贈収賄事件の怪 危うい水ビジネスの罠、警察のスケープゴートか

Business Journal

東京の「埋もれた」初期被ばくデータ

今月からかかわることになったウェブメディア「Business Journal」、第1弾の記事は福島でお会いして以来、何かとお世話になっている京都精華大・山田名誉教授の衝撃的なデータ分析です。 ご関心あればぜひ。 »東京、埋もれた内部被ばくを示唆するデータ 放射線量と放射性物質濃度が一時ピークに