Newzdrive.com (original contents)

「次の震災について本当のことを話してみよう。」

名古屋大学減災連携研究センター長、福和伸夫教授の初の単著が刊行されます。私はこの春から編集協力という形で、版元の時事通信出版局の皆さんと一緒に取り組ませていただきました。『次の震災について本当のことを話してみよう。』という長い書名の通り、これまでの防災本の常識を打ち破るホンネ満載の本となっています。11月下旬の発行日を前に、»時事通信出版局のサイトなどから予約受け付けが始まりました。必読です!

Newzdrive.com (original contents)

「ダンボルギーニ」公式サイトオープン!

この秋から参加させてもらっていた極秘?プロジェクト、「ダンボルギーニ」公式サイトがオープン! ダンボールで作るランボルギーニ、その2号車の完成に合わせて、石巻の「今野梱包」による新事業創出から震災復興、そして初代ダンボルギーニへの挑戦までを取材、ライティングしました。今までにない仕事で慣れない面もありましたが、たっぷり楽しんだ上に、プロジェクトチームの末席に加えてもらっています。ぜひご覧ください。»Damborghini official site

8年目

フリー8年目に入りました。おかげさまでかなり軌道に乗ることができていますが、まだまだ力不足でやりきれていないことばかり。今後も精進しながらマイペースな「ニュース職人」を目指していきます。よろしくお願いいたします。※旧ブログは完全に閉鎖いたしました。ご愛読ありがとうございました。

Newzdrive.com (original contents)

ソーラー・インパルス、無念の再出発中断

世界一周飛行の途中、悪天候で急きょ名古屋に立ち寄った太陽光発電飛行機「ソーラー・インパルス」。天候回復を見込み、約3週間ぶりの離陸を試みましたが、滑走路を走る直前にストップ。次の目的地であるハワイ周辺の天候が急変したからだそうです。スタッフの皆さん、見守る市民や報道陣は激しく落胆。こちらも動画をネットメディア用に編集するつもりでしたが…残念。とりあえずオリジナル動画としてYouTubeにアップしました。次のチャンスを目指せ! »SOLAR IMPULSE at Nagoya Airport 2015/06/23

twitterアカウント変更

twitterのアカウントを「@newzdrive」に変更しました。SNSはすっかりfacebookが中心となっていますが、ぼちぼちとつぶやきもしますので、よろしくお願いします。ちなみに左上の「f」マーク(スマホからは見えませんが)をポチっとクリックすると各SNSリンクがピョコンと飛び出します。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 旧ブログから移行し、日々の仕事(記事)をまとめる形のニュースサイトにしました。至らぬ点も多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Newzdrive.com (original contents)

飯館の馬たちが語ること

ずっと通ってきている福島の飯舘村で、「牧場で馬がバタバタと倒れている」という話を3月末ごろから聞きました。原発事故以来、何度も通りかかっていた牧場で、本来なら「飯舘牛」というブランド牛になっていたであろうウシや「相馬野馬追」にも出ていた立派なウマが、線量計をかざすと10マイクロ以上もの数字が出る汚染環境で何とか生き延びている様子を見てきました。 バタバタ倒れるとはどういうことだろう、放射能の影響だとしたら大変だけれど、そう簡単に言えるものだろうか、放射能じゃなくても牧場主は大変だろう…。いろんな考えをめぐらせながら現場に行き、牧場主の話を聞き、専門家に会い、資料を集めて、最終的に20分ほどの映像にまとめてみました。 こんな映像をつくるのは初めてで、一眼レフの動画撮影に無料の編集ソフトという、まさに素人に多少毛が生えたようなやり方で、まったく恥ずかしい出来です。なので、特にどこかに売り込むということはしていません。しかし、この間にも断片的にネットや雑誌に情報が出回り続けていて、きちんとまとめたものをつくらなきゃという思いでコツコツ作業していました。 この3カ月の結論として、今のところ放射能の影響とは考えにくいです。せっかく20分見ていただいて、なあんだ、というか、何なんだよ! と言いたくなるかもしれません。でも、繰り返しますが放射能じゃなければいいというわけでなく、こうした白黒付けがたい問題がまだまだ福島の人たちを苦しめていると受け止めてもらいたいです。 家畜の被ばくについては、動画に出てくる東北大を中心としたプロジェクト(被災動物の包括的放射線量評価事業)で400頭近くが解剖されています(ただし馬はそのうち細川牧場の3頭。あくまで「解剖」の数で、すべての線量が詳細に調べられているわけではありません)。結果を出すにはまだ長い時間がかかります。ただ、その間に予防的な措置を取るべきことがあればしっかり訴えて措置をしていく、というのが今回の事故の教訓でしょう。もちろん「人」への影響を含めて、追い続けていかなければと思っています。 »馬の連続死は何を語るか-福島県飯舘村・細川牧場の記録

屋号

ちょっと気分を変える意味で個人の屋号を考えてみました。「ニューズドライヴ(Newzdrive)」。何となく今っぽいかなというのと濁点が多いほうがいいと確かホリエモンが言ってたのと「ドラ」も入ってるので名古屋っぽいかなと(笑)。「ヴ」や「z」にしたのは、他のサイトなどと重ならないかなと思ったから(少なくとも「Newsdrive」はBBCの番組関連で使われてるようなので)。何の申請や登録もしないので気分でそのうち変わりますが、とりあえずよろしくお願いします。