カテゴリー: ヤフーニュース個人

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

静岡豪雨、2週間以上も「報道されない」山間部の被害と今後の生活不安

なかなか行けなかった静岡の被災現場に連休中、ようやく入れました。確かに「報道されない」被害や住民の声を見聞きすることができ、詳しく記事にすることにしました(地図も作成)。長丁場になることは確実ですが、頼もしい名古屋のボラ…
続きを読む

「逃げ場」少ない山頂 「答え」のない安全対策 御嶽山噴火8年、地元の模索続く

御嶽山の噴火から8年の節目に合わせ、吉田カメラマンと一緒に山頂へ登り、まだ噴気の上がる噴火口や立ち入り規制の続く登山道をドローン撮影。麓の名古屋大学の研究施設も訪ね、模索の続く安全対策についても取材しました。»「逃げ場」…
続きを読む

名古屋入管死訴訟、裁判所が国側にビデオ提出を「勧告」 ウィシュマさんの崩れゆく筆跡も示される

ウィシュマさん事件の第3回口頭弁論がありました。原告側から示された「申出書」で、ウィシュマさんの筆跡がみるみる崩れていく様子が明らかになります。なぜこんな状況でも、まともな医療が提供されなかったのか、その責任は誰にあるの…
続きを読む

愛知の明治用水頭首工 ようやく見えてきた「水みち」と漏水のメカニズム

大規模漏水の発生で全国的な話題となった愛知県豊田市の明治用水頭首工。5月の漏水確認から2カ月以上が過ぎ、漏水発生のメカニズムがおおよそ見えてきました。独自のドローン画像やグラフィックで解説します。»愛知の明治用水頭首工 …
続きを読む

ウィシュマさん入管死訴訟第2回弁論 国側反論が示した原告主張との隔たり

名古屋入管で収容中に死亡したウィシュマ・サンダマリさんの遺族による国賠訴訟の第2回口頭弁論がありました。その詳しい法廷レポートと解説です。»ウィシュマさん入管死訴訟第2回弁論 国側反論が示した原告主張との隔たり(ヤフーニ…
続きを読む

「四日市公害」訴訟判決から50年 教科書では分からない当時の空気と今日的意義

今年は「四日市公害」訴訟の判決から50年。実は「30年」の節目のとき、四日市支局の記者として連載記事などを担当しました。あのときはかなり必死で、自分自身にもいろんなエピソードがあります…。今回、風媒社から書籍が出版される…
続きを読む

【続報】愛知県新体育館に「超高級ホテル」併設計画も…バリアフリー含め疑問の声収まらず

愛知県新体育館問題の続報です。より根源的な問題に近づいた気がします。写真は、ここに「ラグジュアリー?」という構図です。»【続報】愛知県新体育館に「超高級ホテル」併設計画も…バリアフリー含め疑問の声収まらず(ヤフーニュース…
続きを読む

【独自】隈研吾氏デザインの愛知県新体育館にバリアフリーの大問題 26年アジア大会に影響も

この1カ月余り、慎重に取材を重ねて「個人」として書いた独自ダネです。ぜひご覧ください。画像は、愛知国際アリーナの公式サイトから。»【独自】隈研吾氏デザインの愛知県新体育館にバリアフリーの大問題 26年アジア大会に影響も(…
続きを読む

「入管に見殺しにされた」ウィシュマさん死亡事件で初弁論 遺族らの訴えと論点

いわゆる「ウィシュマさん事件」で国賠訴訟の初弁論が開かれました。現場のマスコミ取材は時に過熱するぐらい熱いのですが、一般的な関心や理解度は決して高いといえる手応えはなく、そのギャップが気になります。あまり感情的、情緒的に…
続きを読む

愛知県のもう一つの“水問題” 完成遠ざかる「設楽ダム」の今

豊田市の明治用水頭首工の漏水が大問題となっている愛知県で、もう一つ住民を悩ませている“水問題”が設楽町の設楽ダム。先ごろ、工期を8年延長するとの方針が示されたことも受け、地元の見学会に参加させてもらって現場をルポしました…
続きを読む