Category: ヤフーニュース個人

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

台風19号 知られざる新潟県の被害、津南町集落住民の水や泥との闘い

基本は長野にいましたが、私としてはやはり(ほとんど情報の入ってこない)新潟が気になって、ほんの一部ですが状況を見てきました。安心する部分と、心配な部分と…で考えさせられました。»台風19号 知られざる新潟県の被害、津南町集落住民の水や泥との闘い(ヤフーニュース個人)

台風19号で千曲川決壊の長野市、ある避難所の壮絶な1週間

台風19号で甚大の被害が出た長野県へ取材に入りました。津波に襲われたような千曲川の決壊現場、泥一面の周辺地区を歩き、途方に暮れるしかありませんが、住民やボランティアも一歩一歩前へ進み始めています。名古屋のNPOが環境を整えた自主避難所を訪れると、愛知県豊橋市の職員が支援に入ると約束する場面に出くわし、胸が熱くなりました。昨年の西日本豪雨以上の広域な被災地で、「個人」としてできることを探っていこうと思います。»台風19号で千曲川決壊の長野市、ある避難所の壮絶な1週間(ヤフーニュース個人)

閉会のあいちトリエンナーレ、不自由展を本気で美術批評してみた

何とか無事に閉会したあいちトリエンナーレ。最後に滑り込みで展示を見られたので、美術批評として記事を書いてみました。これで僕としてもひと区切りを付けて、被災地取材に向かいたいと思います。»閉会のあいちトリエンナーレ、不自由展を本気で美術批評してみる(ヤフーニュース個人)

伊勢湾台風から60年 被災者を治療した看護師の証言と病院で受け継がれる教訓

5,000人以上の犠牲者が出た戦後最大級の災害、伊勢湾台風から60年。名大・福和先生の本を手伝わせてもらった流れから、名古屋の港地区の病院で被災者の治療に当たった元看護師さんから取材できました。ヤフー「個人」の記事作成支援企画で、写真は吉田尚弘カメラマンが担当、ヤフー編集部とやりとりしながら5000字ほどの長文記事として配信されました。教訓を伝える一助になれば。»伊勢湾台風から60年 被災者を治療した看護師の証言と病院で受け継がれる教訓(ヤフーニュース個人)

佐賀県を中心とした九州北部の豪雨、今後望まれる対策や支援の動き

大きな被害の出ている九州北部の豪雨、今後の対策や支援の動きについてヤフー個人でまとめました。写真は、1カ月半前にまったく別の取材で訪れた佐賀市。佐賀駅前の伝統芸能「面浮立」の像です(記事と直接関係はありません)»佐賀県を中心とした九州北部の豪雨、今後望まれる対策や支援の動き(ヤフーニュース個人)

ユニーの本社「再々移転」が意味するもの

数日前に報じられたユニーの本社移転について、いろいろ考えさせられたけれど解説するような記事が見当たらなかったので、私なりにまとめてみました。『東海財界』に寄稿した記事を元に、その後の情報を盛り込んでヤフー個人の記事としています。Facebookでシェアもしなかったのですが、先日のトリエンナーレの記事以上に読んでもらっているようで、ちょっとびっくりです。»ユニーの本社「再々移転」が意味するもの(ヤフーニュース個人)

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」、地元で抱いた違和感と危機感

8月に入ってここ数日、騒然となっている「あいちトリエンナーレ」の問題。今年は事前に直接取材の機会はなかったのですが、これまでの取材経験から言いたいことは山ほどあったのでヤフー個人でまとめてみました。いろいろ考えさせられたという意味では主催者側に感謝です。とにかく冷静に議論できる環境づくりの一助になれば。»あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」、地元で抱いた違和感と危機感(ヤフーニュース個人)

噴火から4年の御嶽山に山頂まで登りました

戦後最悪の噴火災害のあった御嶽山に、昨年に引き続き登ってきました。本当は初日に行く予定だったのですが、急な風邪で断念…。ちょっとゆっくりめのタイミングで久々にヤフー個人に出稿しました。»噴火から4年の御嶽山に山頂まで登りました

噴火から3年の御嶽山登山記

戦後最大の火山災害となった御嶽山の噴火から3年。その前日に山頂付近まで登りましたので、レポートをYahoo!ニュース個人用に書き、追悼式の黙祷後に公開しました。久々にヤフトピトップにも採用されました。»噴火から3年の御嶽山に登ってみました

帰村めぐり現新一騎打ち 村長選から見る福島・飯舘村の今

ずっと通ってきた福島県飯舘村で6日告示、16日投開票の村長選が始まりました。9月下旬に現地を回ったルポと、その後に開かれた公開討論会を合わせて、久々のYahoo!個人記事として書きました。よそ者の見方であることは承知の上ですが、少しでも村の人たちの選択の参考になればと思ってます。»帰村めぐり現新一騎打ち 村長選から見る福島・飯舘村の今