Category: 東洋経済オンライン

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

スガキヤの300円ラーメンはどうなる?

幸楽苑の290円ラーメン販売中止で、がぜん注目が高まった(らしい)スガキヤの動向について書かせてもらいました。 »スガキヤの300円ラーメンはどうなる?

ノーベル賞受賞会見

ノーベル賞、フランス出張中だった名大の天野教授がようやく帰国されたため、赤崎教授とももに共同会見が名大でありました。 僕は東洋経済出稿のため、原稿を書き、写真を撮ってその場で送信する“1人通信社”状態。今朝の新聞各社が1面などに出しているであろうカット、僕は正面から。東京の編集部と連携して他メディアと遜色ないスピードで公開できました。 »ノーベル賞、天野教授が語った「次の夢」

ノーベル賞、「この3人」の意義

ノーベル物理学賞に赤崎勇・名城大教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の3氏の報。10年前の新聞社(署回り)時代、一度だけ「赤崎さん受賞に備えて夜まで待機せよ」と名城大で待っていた経験を思い出します(本当に待っていただけでしたけど)。 あれから毎年、気になっていましたが、ようやく今年、しかも「この3人」…という思い入れをもって書かせてもらいました。 »ノーベル賞、「3人同時受賞」の深い意義

「不遇の山」、御嶽山

岐阜・長野県境の御嶽山が噴火しました。名古屋から直線距離で100キロ足らず。今年の初めはふもとの木曽町に仕事に行くなど周辺を通ることはあったのですが、登山をしたことはありませんでした。しかしこれだけの人が山登りを楽しんでいて、噴火に直面するなんて…。広島の土砂災害はじめ立て続けに起こる災害を重ねてみないわけにもいかず、また東洋経済オンラインに書かせてもらいました。よろしければご覧ください。 »不遇の山、御嶽山が突き付ける災害リスク

傷だらけの朝日新聞

きのうの朝日新聞の社長会見を受けて、東洋経済オンラインで記事を書かせてもらいました。同業者として胸に手を当てて…。 »「吉田調書報道取り消し」で朝日は傷だらけ-他にも求められる特ダネの検証

ヒロシマがあぶり出す密集地の巨大リスク

広島土砂災害で亡くなった方のご冥福をお祈りします。21-22日と現地取材し、以下の記事を公開させてもらいました。 書きながらもまだぜんぜん答えは見えてきていません。 »ヒロシマがあぶり出す密集地の巨大リスク-専門家は「3・11より深刻」と危機感

「マックの厨房に私服の親子」は是か非か

東洋経済オンラインで次のような記事を書かせてもらいました。 相手が相手なだけに、久々にマスコミ他社にも追い掛けられた記事となりました(中日=共同、産経=共同など)。ヤフトピには上げられませんでしたが、人気記事ひしめく東洋経済オンラインの中でもかなりの反響。お盆の私用を少し犠牲にした甲斐はありました。 たまたまなのですが、店も当事者(画像の投稿主)も私のご近所さん。まさに「人ごと」でない問題として取材に入りました。この親子にまったく罪はありませんし、衛生面で(それこそ中国の問題と比べて)どれだけ重大な問題かと言うと微妙でしょう。ただ、親なら誰でも分かると思いますが、この年代の子どもはどんなウイルスを持っているか分からないし、何をしでかすか分からない(うちの子にも予想外のアクションでいろんなモノを壊されました)のは確かです。 そしてこのタイミングで、マック本社のこの「人ごと」のような対応。食品の問題は何度も取材してきましたが、マックほどの大企業でもやはり…と思わされました。 (ちなみに今回ほぼ同時期に発覚した「木曽路」の問題は2年半前に記事にしたリゾートトラストの問題とほとんど同じです) 直接の健康被害が出ない食品問題では、消費者も「ここまでは大目に見よう」というある程度の妥協が求められます。今回の件も賛否を踏まえて「人ごと」でなく教訓にしていただければ。僕は残念ながらこの店ではもう買えないですが…。 »マクドナルドでまた「衛生問題」が発覚-私服の親子を厨房へ、本社は全店に点検指示

伊豆大島台風被害、一気に襲う土石流の怖さ

17日朝から急きょ、伊豆大島に取材に行ってきました。台風26号による圧倒的な土石流被害。東日本の津波はもちろんですが、中国・四川省で大地震の4カ月後に大水害に見舞われた北川(ほくせん)の街のイメージとも重なりました。人口8000人余りの島で50人近くの死者・行方不明者の出た現実は、4年前に20人が犠牲になった兵庫県佐用町の現場と似た重苦しい空気を感じさせました。 今回はあくまで個人の判断で入りましたが、非常勤スタッフとしては離れたNPOのレスキューストックヤードとは情報共有をさせてもらっていました。すでにfacebookの公開の投稿で詳しい報告を流しています。また、東洋経済オンラインの第2弾の記事として掲載してもらいましたので、よろしければ合わせてご覧ください。 »伊豆大島台風被害、一気に襲う土石流の怖さ-万全の溶岩流対策の一方、抜け落ちていた土石流対策