Category: Newzdrive.com (original contents)

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

『なごやボランティア物語』刊行!

かれこれ4年前から関わっていた「なごやのボランティア史」編纂プロジェクトが『なごやボランティア物語』として一冊の本にまとまり、風媒社から刊行されました。 「慈善事業」「奉仕活動」と呼ばれていた戦後、伊勢湾台風の時代から高度経済成長の裏で進んだ高齢化への対応、障害者の社会参加の時代、そしてボランティア元年と呼ばれた阪神・淡路大震災、東日本大震災…。それぞれの時代に「何とかしなきゃ」と立ち上がった名古屋の人たち25人への直接取材と、歴史資料や団体の記録などから1つの「物語」をつむぐ作業でした。 名古屋でボランティア情報誌「ボラみみ」を発行する織田元樹さんを中心に、市社会福祉協議会の歴代の担当者、大学の先生方、そして昔も今もバイタリティーあふれるボランティア・NPO業界の面々が毎月集まって、あーでもないこーでもないと議論する場に立ちあえました。個人的には災害分野からしか知らなかったこの世界を、福祉や子育ての面から重層的に見ることができて、目からウロコが落ちるばかり。取材は手分けして進め、最終的に僕が全体をまとめさせてもらいましたが、取材対象者も取材者も持っている熱い思いをどう残し、かつこれからの若い人たちにも読んでもらえる文章にするかで大いに苦心しました。 一方で「いかにもボランティア」な本にはしたくない、という思いも共通してあり、それを理解してくれた風媒社の劉さんの力で、素晴らしい表紙にしてもらえました。 この絵の作家さん(荻下丈さん)のことはまた長くなるので別稿にしたいですが、真ん中の男の子が伸ばしている手が、助けを求めている手にも、誰かを救おうとしている手にも見えて、グッときます。ぜひ手にとって見ていただきたいです。 とはいえ、まだコロナ禍で本を売るのはむちゃくちゃ大変です。書店にも並ぶ予定ですが、とりあえず以下の「ボラみみ」さんのブログにある手続きで申し込んでいただければ。どうぞよろしくお願いいたします。 https://blog.canpan.info/boramimi/archive/2198

「次の震災について本当のことを話してみよう。」

名古屋大学減災連携研究センター長、福和伸夫教授の初の単著が刊行されます。私はこの春から編集協力という形で、版元の時事通信出版局の皆さんと一緒に取り組ませていただきました。『次の震災について本当のことを話してみよう。』という長い書名の通り、これまでの防災本の常識を打ち破るホンネ満載の本となっています。11月下旬の発行日を前に、»時事通信出版局のサイトなどから予約受け付けが始まりました。必読です!

「ダンボルギーニ」公式サイトオープン!

この秋から参加させてもらっていた極秘?プロジェクト、「ダンボルギーニ」公式サイトがオープン! ダンボールで作るランボルギーニ、その2号車の完成に合わせて、石巻の「今野梱包」による新事業創出から震災復興、そして初代ダンボルギーニへの挑戦までを取材、ライティングしました。今までにない仕事で慣れない面もありましたが、たっぷり楽しんだ上に、プロジェクトチームの末席に加えてもらっています。ぜひご覧ください。»Damborghini official site

“Karakuri” Technology Lives on in the Land of Japanese Carmakers

愛知で盛んな「山車」「からくり」と自動車技術との接点を、英文サイトIGNITIONで書かせてもらいました。写真は犬山市の「からくり展示館」で実演される茶運び人形で、本文にはありませんが動画も撮っています。やっぱり伝統技術はすごいです。»“Karakuri” Technology Lives on in the Land of Japanese Carmakers

History’s Light and Shadow on Display in Japan’s “Birthplace of Human Rights”

英文サイトIGNITIONで連載的に書かせていただいている日本の部落問題の第3弾として、奈良の「水平社博物館」と部落解放運動の歴史を記事にしました。「水平社宣言」が海外で翻訳されていたり、博物館が世界的なネットワーク組織に加盟していたりと、日本人の大半が知らないであろう動きがさまざまにあります。»History’s Light and Shadow on Display in Japan’s “Birthplace of Human Rights”

The Strength of “Weak Robots”

豊橋技科大の岡田美智男教授が開発に取り組んでいる「弱いロボット」について、英文サイトIGNITIONの記事にさせてもらいました。日本的な概念がある一方で、行き詰まる日本のモノづくりに対するアンチテーゼになっている、というお話です。とにかく研究室は楽しげでした。»The Strength of “Weak Robots”

The Food of The Discriminated

「被差別の食」を世界中で食べ歩いたノンフィクションライター、上原善広さんへの取材記事が英文メディア「IGNITION」で公開されました。名古屋の居酒屋「でらホル」さんなどを取り上げた記事に続く第2弾です。世界と日本の差別問題の驚くべき共通点と相違点。物書きとしても勉強になりました。»The Food of The Discriminated

The Real “Soul Food” of Japan

ここ1カ月、日本の「ソウル・フード」=「被差別の食」について取材をしていました。SaiboshiやAburakasu、あるいはBuraku、Dōwa。日本語でもあまり通じない、タブーな言葉の意味と背景が英語でどこまで通じるか、結構チャレンジングな記事が英文サイトIGNITIONで公開されました。ご協力くださった大阪の安井商店さん、名古屋・でらホルの山本さんに感謝です。写真はいつものようにMaster Kawayanagiカメラマン。第2弾、第3弾も鋭意取材、企画中です。»“Soul Food of Japan”ーA growing food craze in many Japanese cities, buraku cuisine conceals a long history of discrimination

The Breakthrough of the “See through” Plant

「植物丸ごと透明化」に成功した名古屋大学の生命科学系グループの研究内容を取材、英文サイトIGNITIONの記事になりました。 毎回なのですができるだけ長く(日本語で3,000字ほど)書いてほしいという編集部の要望で、研究の背景や名大の位置づけなどもたっぷり書かせてもらいました。専門用語で英語なので自分の記事とは思えないですが…。»The Breakthrough of the “See through” Plant

A Message of Peace from“The Last Ninja”

三重県の伊賀流忍者博物館で「最後の忍者」こと川上仁一さんを取材、ネイティブさんの洗練された英文で公開してもらいました。争いの絶えない時代だからこそ、世界の隅々に届いてほしい平和のメッセージがあります。写真はMaster Kawayanagiカメラマン。»A Message of Peace from“The Last Ninja”