Category: Newzdrive.com (original contents)

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 旧ブログから移行し、日々の仕事(記事)をまとめる形のニュースサイトにしました。至らぬ点も多々あると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Shaking Things Up

先日のトヨタの下請け企業が作るカクテルシェーカーの英文記事がリリース。もともと東洋経済じゃなくてこちらのIGNITIONの企画でした。海外でも注目されているプロダクトだそうです。 »Shaking Things UpーToyota subcontractors venture into bar tools

The Evolving World of Sake

英文サイト「IGNITION」の第4弾記事が公開されました。知る人ぞ知る銘酒ブランド「醸し人九平次」の酒蔵(名古屋市緑区)のストーリーです。写真はこちらも知る人ぞ知る名古屋エリアの〝師匠〟こと川柳カメラマンにお願いしました。 »The Evolving World of Sake

新装開店

新装開店です。いろいろいじってやってください。よろしければ、とりあえず»HOMEへ。

The ‘New’ Corporate Japan

英文で日本情報を発信するサイト「IGNITION」、僕の第3弾の記事は岐阜の未来工業について。 「日本一休みの多い会社」が海外でどう思われるでしょうか…。 »The ‘New’ Corporate Japan

One Small Factory’ Mask and Their Stand against Ebola

日本の文化情報を英語で発信する「IGNITION」の記事第2弾が公開されました。 今回は「エボラ対策」マスクを西アフリカ諸国に寄贈した愛知県豊橋市のメッシュ製造会社のお話。単なる話題づくりではなく、若手経営者によるチャレンジ精神、ベンチャー精神、そして社会貢献意識が背景にあって、感心しました。このサイトから、結構ハイペースで記事頼まれています。それだけ東海地方には海外発信に値するネタが多いということで。 »One Small Factory’ Mask and Their Stand against Ebola  

The Veiled Photo

日本の文化情報を英訳して発信するネットメディア「IGNITION」に初めて記事を提供させてもらいました。 先日、ヤフトピにも上げられた愛知県美術館の写真展の話。閉幕を受けて作家、鷹野隆大さんにあらためてインタビューを申し込んだところ、メールのやり取りになりましたがとても詳細に心境やお考えをお伝えくださり、また違う記事ができました。 もちろん僕は日本語で記事を送っただけで、英訳はプロの翻訳家の仕事。先日、KDDI傘下になることが決まったIT企業のnanapiが新しく始めたサイトで、今後も協力させてもらうことになりました。 英文のローカルニュースがどんなリアクションを呼ぶのか、乞うご期待です。 »The Veiled Photo-The debate on Ryudai Takano’s incident in Japan

飯館の馬たちが語ること

ずっと通ってきている福島の飯舘村で、「牧場で馬がバタバタと倒れている」という話を3月末ごろから聞きました。原発事故以来、何度も通りかかっていた牧場で、本来なら「飯舘牛」というブランド牛になっていたであろうウシや「相馬野馬追」にも出ていた立派なウマが、線量計をかざすと10マイクロ以上もの数字が出る汚染環境で何とか生き延びている様子を見てきました。 バタバタ倒れるとはどういうことだろう、放射能の影響だとしたら大変だけれど、そう簡単に言えるものだろうか、放射能じゃなくても牧場主は大変だろう…。いろんな考えをめぐらせながら現場に行き、牧場主の話を聞き、専門家に会い、資料を集めて、最終的に20分ほどの映像にまとめてみました。 こんな映像をつくるのは初めてで、一眼レフの動画撮影に無料の編集ソフトという、まさに素人に多少毛が生えたようなやり方で、まったく恥ずかしい出来です。なので、特にどこかに売り込むということはしていません。しかし、この間にも断片的にネットや雑誌に情報が出回り続けていて、きちんとまとめたものをつくらなきゃという思いでコツコツ作業していました。 この3カ月の結論として、今のところ放射能の影響とは考えにくいです。せっかく20分見ていただいて、なあんだ、というか、何なんだよ! と言いたくなるかもしれません。でも、繰り返しますが放射能じゃなければいいというわけでなく、こうした白黒付けがたい問題がまだまだ福島の人たちを苦しめていると受け止めてもらいたいです。 家畜の被ばくについては、動画に出てくる東北大を中心としたプロジェクト(被災動物の包括的放射線量評価事業)で400頭近くが解剖されています(ただし馬はそのうち細川牧場の3頭。あくまで「解剖」の数で、すべての線量が詳細に調べられているわけではありません)。結果を出すにはまだ長い時間がかかります。ただ、その間に予防的な措置を取るべきことがあればしっかり訴えて措置をしていく、というのが今回の事故の教訓でしょう。もちろん「人」への影響を含めて、追い続けていかなければと思っています。 »馬の連続死は何を語るか-福島県飯舘村・細川牧場の記録

屋号

ちょっと気分を変える意味で個人の屋号を考えてみました。「ニューズドライヴ(Newzdrive)」。何となく今っぽいかなというのと濁点が多いほうがいいと確かホリエモンが言ってたのと「ドラ」も入ってるので名古屋っぽいかなと(笑)。「ヴ」や「z」にしたのは、他のサイトなどと重ならないかなと思ったから(少なくとも「Newsdrive」はBBCの番組関連で使われてるようなので)。何の申請や登録もしないので気分でそのうち変わりますが、とりあえずよろしくお願いします。