THE PAGE

取材チーム「Newdra」発足、第一弾記事は「愛知のジビエ」ネットワーク化

このたび、名古屋のライターやカメラマンによる取材、報道チーム「Newdra」を結成しました。当面は若手カメラマンの吉田尚弘君、女性ライターの南由美子さんと僕の3人で「THE PAGE愛知版」に記事をコンスタントに出稿していきます。第一弾は僕の「愛知のジビエ」に関する記事。新鮮な素材をみんなで料理して、愛知・名古屋のニュース&ドラマを発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。»愛知のジビエ普及へ。山間部生産側と都市部消費側のネットワーク準備会発足

THE PAGE

「種子法」連載の最終回、世界の動きと日本の立ち位置

4月1日で廃止となる「種子法」。その意味を探って現場を訪ね、1月から続けてきた連載の最終回です。はっきり言って白黒はつきにくい、権利と利用のバランスが問われる問題だと分かりました。一方で著作権のように概念的なものでなく、「僕らが今、食べているもの」に関わっています。»種子法廃止は権利の保護か、公共性の排除か? 世界の動きと日本の立ち位置 ・連載全体はこちらから。»タネを守る ── 「種子法」廃止で何が変わるのか

THE PAGE

種子法連載5回目、民間品種に賭ける農家たちの思い

「種子法」廃止をめぐる連載の5回目。公的機関が供給するタネに代わり、民間が開発したタネを使う米農家の取り組みや考えを取材するため、滋賀県の近江八幡や野洲に足を運びました。もうここまで進んでいるのかと、目からウロコな現場でした。»種子代高くても「これなしで経営考えられない」…民間品種に賭ける農家たち

THE PAGE

コンビニおにぎりの米の品種は? 「種子法」連載4回目で初の有料記事

「種子法廃止」をきっかけに始まった連載。今回から僕にとって初の有料記事としてリリースです。1本216円って、ネットニュースとしては高価な印象ですが、コンビニ各社や米卸の現場に取材を重ねるなど手間ひまはかけてます。今はTポイント払いや読み放題もあり、どんな反応になるか…。よろしくお願いします。»業務用米は本当に足りないのか?コンビニおにぎりから考える日本の米の実態

THE PAGE

タネは守れるかー「種子法」廃止の波紋を追う連載スタート

まだ限定的ですが昨年から話題になっている「種子法」の廃止について、THE PAGEで全6回ほどの連載記事を書かせてもらえることになりました。 第1回はこの問題で引き合いに出されることの多い愛知県山間部の「幻の米」ミネアサヒを守る取り組みについて。»「幻の米」が消える? 4月「種子法」廃止、食卓や国の農業はどう変わるのか 昨年末、農水省にも直接取材をした2本目の記事も同時公開されましたので、よろしければ合わせてご覧ください。»日本農業の舵切り替わった──種子法廃止は民間参入促進? それとも外圧? 個人的にちゃんと腰を据えて追い掛けていきたいなと思える、奥深いテーマです。よろしくお願いします。

THE PAGE

《安倍政権5年》「仕事は増えたが…」中部地方、モノづくりの現場からの訴え

選挙絡みの「THE PAGE」2本目の記事として、名古屋で開催された工作機械の見本市で関係者の声を拾いました。好調な中部の産業ではありますが、その現場の訴えが、今まさに日産や神戸製鋼で噴出している問題と重なる気がしてなりません。»《安倍政権5年》「仕事は増えた」好調な中部地方 モノづくり現場の訴え

THE PAGE

衆院選、埋もれた争点「地方分権=憲法8章改正」の意味は?

愛知県の大村知事が仕掛けた「地方分権=憲法8章改正」の意味をマジメに追ってみました。最後は「なあんだ」という話で、「希望」をめぐる不マジメを象徴しているようにも思えます。ヤフトピトップに掲載。写真はTHE PAGEサイトから。»衆院選埋もれた争点 三都物語で掲げた「地方分権=憲法8章」改正の意味は?

THE PAGE

「PFI」で混迷、西尾市の打開策を38歳の新市長に聞く

1年以上前にネットメディアの記事で取り上げた愛知県西尾市のPFIのまちづくり。その是非も争点に、今年6月に市長選が行われ、77歳の現職を破って38歳の新市長が誕生しました。若い市長が急進的な政策にストップをかけるという、一見ねじれた構図ですが、この混迷の打開策や将来のビジョンを聞くため、新市長に単独インタビュー。THE PAGEで上下2本の記事として配信されました。»「PFI」は財政状況変化に対応できない―中村健・愛知県西尾市長に聞く(上) »「PFI」は財政状況変化に対応できない―中村健・愛知県西尾市長に聞く(下)

THE PAGE

「硬い地盤なら安心」ではない? 地震と地盤・建物の関係は

防災の日に合わせて、地震の揺れと地盤・建物の関係を名古屋大学減災連携研究センターの福和伸夫センター長に最新の模型を使って解説してもらいました。ページを開くと自動的に動画(音声あり)がスタートします。»「地盤が硬ければ安心」ではない? 熊本地震にみる地盤と建物倒壊の関係