種子法連載5回目、民間品種に賭ける農家たちの思い

「種子法」廃止をめぐる連載の5回目。公的機関が供給するタネに代わり、民間が開発したタネを使う米農家の取り組みや考えを取材するため、滋賀県の近江八幡や野洲に足を運びました。もうここまで進んでいるのかと、目からウロコな現場でした。»種子代高くても「これなしで経営考えられない」…民間品種に賭ける農家たち

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *