「マックの厨房に私服の親子」は是か非か

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

「マックの厨房に私服の親子」は是か非か

東洋経済オンラインで次のような記事を書かせてもらいました。

相手が相手なだけに、久々にマスコミ他社にも追い掛けられた記事となりました(中日=共同産経=共同など)。ヤフトピには上げられませんでしたが、人気記事ひしめく東洋経済オンラインの中でもかなりの反響。お盆の私用を少し犠牲にした甲斐はありました。

たまたまなのですが、店も当事者(画像の投稿主)も私のご近所さん。まさに「人ごと」でない問題として取材に入りました。この親子にまったく罪はありませんし、衛生面で(それこそ中国の問題と比べて)どれだけ重大な問題かと言うと微妙でしょう。ただ、親なら誰でも分かると思いますが、この年代の子どもはどんなウイルスを持っているか分からないし、何をしでかすか分からない(うちの子にも予想外のアクションでいろんなモノを壊されました)のは確かです。

そしてこのタイミングで、マック本社のこの「人ごと」のような対応。食品の問題は何度も取材してきましたが、マックほどの大企業でもやはり…と思わされました。
(ちなみに今回ほぼ同時期に発覚した「木曽路」の問題は2年半前に記事にしたリゾートトラストの問題とほとんど同じです)

直接の健康被害が出ない食品問題では、消費者も「ここまでは大目に見よう」というある程度の妥協が求められます。今回の件も賛否を踏まえて「人ごと」でなく教訓にしていただければ。僕は残念ながらこの店ではもう買えないですが…。

»マクドナルドでまた「衛生問題」が発覚-私服の親子を厨房へ、本社は全店に点検指示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 + seven =