危険ドラッグ、国と地方の対応

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

危険ドラッグ、国と地方の対応

死亡事故などの影響が大きな社会問題となっている「危険ドラッグ」。東京、愛知、大阪だけでなく鳥取など地方でも自治体の条例制定の動きが広がっています。国の対応との違いは何なのかをまとめてほしいということで、THE PAGEの記事にさせてもらいました。

»「危険ドラッグ」国の対応はなぜ後手? 自治体で条例化相次ぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × four =