国連防災世界会議、興味深かった市民イベント

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

国連防災世界会議、興味深かった市民イベント

14日から18日にかけて、国連防災世界会議の開かれた仙台市に行ってました。実は最初あまり注目していなかったのですが、本会議以外に開かれる市民主体の公開イベントのプログラムをよく見ると、かなり興味深いものがあれもこれも。350以上あるとのことでメディアもカバーしきれないだろうと思い、初日から自分なりに作戦を立てて各会場を回りました。慌ただしく移動しながらの荒っぽい原稿となってしまいましたが、東洋経済オンラインに2本掲載してもらいました。
»唖然!戦時下のヨルダンで原発建設計画-国連防災世界会議で浮かび上がる危機
»全国の「道の駅」は”防災拠点”になるか-立地や制度面でさまざまな課題も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eight + six =