「民泊」誰がどう関わるべき?

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

「民泊」誰がどう関わるべき?

国が特区や新法の整備を進めている「民泊」について、京都での取材を含めた内容を2本の記事にまとめました。前編は国や自治体の動きと京都の弁護士の見解。後編は京町家を生かしたゲストハウスと、インターネットの仲介サイト「AirBnB」で民泊をしている人たちの生々しい声です。»“法の網がかかっていない”トラブル相次ぐ「民泊」、特区と新法の行方は? »“一部の例でイメージ悪化”「民泊」現場の模索、誰が質を担保?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

sixteen − ten =