「不動産 熱狂の裏側」特集ー名古屋で交錯する楽観と悲観

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

「不動産 熱狂の裏側」特集ー名古屋で交錯する楽観と悲観

週刊東洋経済の「不動産 熱狂の裏側」と題した特集で、名古屋の状況を伝える1ページ分を書かせてもらいました。コロナ禍の不動産というと「テレワークがどんどん進み、オフィスは縮小」「飲食、宿泊不況で地価暴落」というのが“表”の印象ですが、現場目線の“裏側”はそう単純ではありません。特集全体を通してみても、名古屋は「リニア」の要素もあり、その表と裏、「悲観と楽観」の振れ幅が特に大きいエリアと言えそうです。26日の発売に先駆けて、オンラインの「週刊東洋経済プラス」では有料会員向け記事として公開されています。»リニア開業延期は逆に吉? 名古屋で交錯する楽観と悲観(週刊東洋経済プラス)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *