愛知の医療はコロナにどう対処したか? キーマンの医師に聞いた「トイレの張り紙」の意味

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

愛知の医療はコロナにどう対処したか? キーマンの医師に聞いた「トイレの張り紙」の意味

愛知県の医療調整を担った名古屋掖済会病院の北川医師にインタビューする機会があり、ヤフー個人の記事としてまとめました。クルーズ船対応から始まったスケールの大きな動きと、「トイレの張り紙」に象徴されるきめ細かい対応が印象的でした。»愛知の医療はコロナにどう対処したか? キーマンの医師に聞いた「トイレの張り紙」の意味(ヤフーニュース個人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です