愛知リコール署名偽造裁判、事務局長の次男が明かした“裏方作業”と“親子関係”

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

愛知リコール署名偽造裁判、事務局長の次男が明かした“裏方作業”と“親子関係”

リコール署名偽造の裁判、事務局長の次男の第2回公判が開かれ、またどこよりも詳しいはずの傍聴記を書きました。800万円の札束を抱えて名簿を購入に行く、戻ってきた10万円は「持っとけ」という…。あまりにもずさんな資金管理の実態などが浮かび上がってきます。»愛知リコール署名偽造裁判、事務局長の次男が明かした“裏方作業”と“親子関係”(ヤフーニュース個人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です