愛知知事リコール署名偽造裁判、元広告会社社長に下された有罪判決を読み解く

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

愛知知事リコール署名偽造裁判、元広告会社社長に下された有罪判決を読み解く

愛知県の大村秀章知事に対する解職請求(リコール)運動をめぐる裁判で、名古屋市の広告関連会社元社長に12日、懲役1年4カ月、執行猶予4年の判決が言い渡されました。残り2人の審理が続く中、その意味を読み解きました。»愛知知事リコール署名偽造裁判、元広告会社社長に下された有罪判決を読み解く(ヤフーニュース個人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − 17 =