「四日市公害」訴訟判決から50年 教科書では分からない当時の空気と今日的意義

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

「四日市公害」訴訟判決から50年 教科書では分からない当時の空気と今日的意義

今年は「四日市公害」訴訟の判決から50年。実は「30年」の節目のとき、四日市支局の記者として連載記事などを担当しました。あのときはかなり必死で、自分自身にもいろんなエピソードがあります…。今回、風媒社から書籍が出版されるとのことで久々に地元で取材して記事にしました。やはり記録することの大切さを実感します。»「四日市公害」訴訟判決から50年 教科書では分からない当時の空気と今日的意義(ヤフーニュース個人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × three =