名古屋入管死訴訟、裁判所が国側にビデオ提出を「勧告」 ウィシュマさんの崩れゆく筆跡も示される

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

名古屋入管死訴訟、裁判所が国側にビデオ提出を「勧告」 ウィシュマさんの崩れゆく筆跡も示される

ウィシュマさん事件の第3回口頭弁論がありました。原告側から示された「申出書」で、ウィシュマさんの筆跡がみるみる崩れていく様子が明らかになります。なぜこんな状況でも、まともな医療が提供されなかったのか、その責任は誰にあるのかが問われています。»名古屋入管死訴訟、裁判所が国側にビデオ提出を「勧告」 ウィシュマさんの崩れゆく筆跡も示される(ヤフーニュース個人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

sixteen − 2 =