「逃げ場」少ない山頂 「答え」のない安全対策 御嶽山噴火8年、地元の模索続く

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

「逃げ場」少ない山頂 「答え」のない安全対策 御嶽山噴火8年、地元の模索続く

御嶽山の噴火から8年の節目に合わせ、吉田カメラマンと一緒に山頂へ登り、まだ噴気の上がる噴火口や立ち入り規制の続く登山道をドローン撮影。麓の名古屋大学の研究施設も訪ね、模索の続く安全対策についても取材しました。»「逃げ場」少ない山頂 「答え」のない安全対策 御嶽山噴火8年、地元の模索続く(ヤフーニュース個人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two + eleven =