「フィンエアー」CAが訴える不当な配転と異常な長距離通勤

フィンランド航空(フィンエアー)の客室乗務員(CA)が、会社から一方的に命じられた配置転換の無効を求めて名古屋地裁に提訴。「名古屋ベース」の廃止(しかし路線は維持)に伴って成田まで片道4時間の通勤を強いられているなどの訴えを、久々に弁護士ドットコムに書かせてもらいました。外資はシビアだと言われますが、さすがにこれはひどすぎる気がしてしまいます。»フィンエアー名古屋拠点廃止、転居困難なCAは成田まで4時間通勤…異動無効訴え裁判に

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *