必ずくる南海トラフ「半割れ」の巨大ジレンマ

編集協力に当たった名古屋大学・福和伸夫教授の第2弾著書を基に、東洋経済オンラインに1本書かせていただきました。「半割れ」であれ「全割れ」であれ、「日本を終わらせない」のが3・11後を生きている僕らの使命。写真は、8年前の3月14日朝に撮影した宮城県塩竈市の忘れがたい光景です。»いつか起こる「南海トラフ地震」に必要な備え 予知はできない」としても放置はできない

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *