NEWZDRIVE.COM

ジャーナリスト・関口威人の公式サイトです

7月豪雨の家屋解体制度、「半壊」も対象と小泉大臣が早々に表明した背景

「令和2年7月豪雨」の発生から2週間。被災地で徐々に関心が高まっていくであろう家屋の「公費解体」制度について、環境省の小泉進次郎大臣が早々に「半壊も対象」と方針を表明した件も含めて解説しました。»7月豪雨の家屋解体制度、…
もっと読む

生活保護裁判、名古屋地裁判決で国側勝訴も残る大きな課題

生活保護費の基準引き下げをめぐって争われている全国29の訴訟のうち、最初の判決が名古屋地裁で25日に言い渡されました。この取材に以前から取り組んできた「なメ研」メンバー、石黒好美さんの速報記事、解説記事を、私が撮影した写…
もっと読む

『なごやボランティア物語』刊行!

かれこれ4年前から関わっていた「なごやのボランティア史」編纂プロジェクトが『なごやボランティア物語』として一冊の本にまとまり、風媒社から刊行されました。 「慈善事業」「奉仕活動」と呼ばれていた戦後、伊勢湾台風の時代から高…
もっと読む

「相手にせんとこ」では済まない、愛知県と大村知事のメディア対決姿勢

愛知県で起こっている由々しき事態をまた書かざるを得なくなりました。例の対応の“その後”もありますが、今回の知事のターゲットは大手新聞、テレビです。これはメディア全体にとって非常に大きな問題で、大村知事と愛知県に善処を求め…
もっと読む

いま災害が起きたら? 避難所と感染症

緊急事態宣言は全国的に解除されましたが、新型コロナが完全にはなくなっていない中で「もし今、災害が起きたら?」。メディアでも問われることが多くなったこのテーマを、「震災リゲイン」としてもまとめてみました。コロナ禍で編集も大…
もっと読む

コロナ対応で問題続出の愛知県、報道の現場でも起きている重大問題

コロナ対応でどこの自治体も大変で、報道対応にも苦慮はしているはずです。しかし、愛知県では一線を超えた対応をされてしまい、裏側を書かざるを得なくなりました。重大な問題として認識していただいた上で、健全な関係が築かれればと思…
もっと読む

コロナ大恐慌、愛知の下請けの苦しみ

「コロナ大恐慌」という特集名の週刊東洋経済本誌。考えたくはないのですが、もうその状態に突入していることは疑いありません。そんな中でトヨタ系下請け企業の現状や思いなどを2ページ分書かせてもらいました。3月末の取材スタートか…
もっと読む

愛知県が独自の「緊急事態宣言」へ 大村知事の会見を中継

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、愛知県が独自の「緊急事態宣言」を発出すると発表。9日の大村秀章知事会見を中継、ヤフーTHE PAGEのYouTubeチャンネルを通して配信しました。これまでかなり頑なに国の緊急事態宣…
もっと読む

コロナ禍直撃の名古屋、デイサービス施設が引き受けた苦渋の決断と過酷な未来

新型コロナによって日本で亡くなった人の数としては依然、全国最多の都市である名古屋。医療・福祉関係者を中心とした壮絶な努力によって何とか抑え込んでいる状況ですが、感染爆発のリスクは消えていません。そんな中でツテのあった南区…
もっと読む

「ダンパー」取り替えるごとに建物揺らす 名古屋大学で異例の実験

こんなときに大地震が来たら…というのが笑い話にはならない時代。日々の備えと、ピンチをチャンスに変える態度が必要と感じさせる、名古屋大学・減災館の「ダンパー交換→建物丸ごと振動実験」プロジェクトを動画付き記事にしました。ム…
もっと読む